早漏改善

早漏改善オナニー法

投稿日:

TENGAオナニー

男性なら多くの方がご存知のオナホールを使用するオナニー。

TENGAは、よりリアルな膣を追求して製造されており、実際のSEXに限りなく近い刺激が得られる。
これは早漏にとって非常に有効だ。

本物の膣に近い刺激に慣れることで、本番のSEXにおいて射精までの時間を随分と延ばすことができるのである。やり方は以下の通り。

TENGAオナニーのやり方

① 勃起したペニスにTENGAを装着する
② 上下に動かして刺激する
③ 右、左に回転させて刺激する

あまりにも感覚がリアルすぎるため、最初のうちはすぐに射精してしまうかもしれない。
だが、何度も回数を重ねていけば、亀頭や竿が鍛えられるので地道に続けてほしい。

スローオナニー

ペニスを軽く握り、ゆっくり優しくしごくオナニー。

このオナニーは、できるだけ長く行うことが目的である。長い間勃起させておくことで、射精してしまわない感覚を養うのだ。

スローオナニーのやり方

① 全裸で妄想をして、ゆっくり勃起させる
② 優しくペニス全体を指でタッチする
③ 刺激が強まってきたら休憩する

目安として1度のオナニーで、30~40分以上はかけていただきたい。
途中で萎えてしまうこともあるかもしれないが、目的は射精ではないので全然OKだ。

おかずがAVの場合は、インタビュー部分やナンパ部分から丁寧に見ていき、ゆっくりと興奮状態に突入していく訓練もしよう。

亀頭オナニー

読んで字のごとく亀頭だけを刺激するオナニー。

亀頭はペニスの中でもっとも敏感な部分なので、ここが刺激に強くなると射精速度を遅くすることができる。

亀頭オナニーのやり方

① ローションを亀頭にかける
② 亀頭にある尿道を中心に人差し指と中指でなで回す
③ 親指・人差し指・中指で亀頭を摘み上下にこする

これは竿をシコシコするオナニーとは違い、なんとも言えない快感が広がる。
しかし不思議なことにムズムズ感が高まるばかりで射精にはなかなか至らないのだ。

この射精しそうでしないムズムズ状態を長時間続けることで、亀頭が刺激に強くなり、挿入時の刺激に対する耐性がつくのである。

皮オナニー

ペニスの包皮を亀頭に被せ、包皮の上から亀頭をしごくオナニー。

『えっ?亀頭に包皮を被せたままだと亀頭への刺激が弱まるんじゃない?』と思うだろう。

だが、実は包皮と亀頭が擦れ合うので、普通のオナニーとは違い、余計にペニスへ刺激を与えることができるのである。

皮オナニーのやり方

① 勃起したペニスの亀頭に包皮を被せる
② 包皮の上から亀頭部分を人差し指と中指でグイグイ刺激する
③ 親指・人差し指・中指で亀頭を摘み上下にこする

射精は亀頭への摩擦による刺激が原因で起こるので、より一層激しく亀頭をイジメ抜こう。

逆手オナニー

逆手でペニスを持ち、竿と亀頭を同時に刺激するオナニー。

逆手にすることによって竿だけではなく、手の平で亀頭も同時にしごくことができるのだ。

逆手オナニーのやり方

① 親指と人差し指を根元部分にあててペニスを掴む
② 上下に動かしながら手の平で亀頭を擦る

しごく割合は竿7割、亀頭3割くらいがオススメ。
竿だけで気持ち良さだけを求めるのではなく、亀頭への訓練も合わせたハイブリッド型オナニーだ

 

-早漏改善

Copyright© ヤリチンになる方法 , 2018 AllRights Reserved.